膝や体幹を鍛える走るための筋トレ

膝や体幹を鍛える走るための筋トレ

多くのスポーツには、走るという動作が共通しており、この動作をつかさどる筋肉については誰もが強化したいところです。

 

この走る動作は、骨盤を固定し、もしくはやや回旋させつつ足を左右交互にすばやく曲げたり伸ばしたりすることで効果的に力を生みだすことになります。この力を生みだすトレーニングとしては以下のようなものが考えられます。

 

床に仰向けになり、片脚の膝を立てたら、上半身の姿勢を一定に保ったままでお尻を上げ、肩からくるぶしまでが一直線になるように上げ、最初の姿勢に戻します。

 

ダンベルを使ったトレーニングでは、両手にダンベルを持って片足で立ち、腰から背中を一直線になるようにし、足側の股関節を中心に上半身と骨盤を前傾させて戻るように動かしていきます。ダンベルを使わずに、両手を水平に広げて行っても可です。

 

雑巾を使ってもトレーニングはできます。床に雑巾を置いて両手を乗せ、片脚を曲げ、前傾姿勢をとったら前側の膝を伸ばして床を蹴り、反対側の膝をお腹に近づけるようにして前進させていきます。

 

雑巾を2枚使い、2枚を床の上で左右に開閉するように動かしても、左右に蹴る力を鍛えることが可能です。

 

壁に両手をつけて腕立て伏せのような運動を繰り返せば、膝のトレーニングになります。