全身のバランスを保つ投げる筋トレ

全身のバランスを保つ投げる筋トレ

ものを投げる動作は、腕や肩だけではなく、下半身で体重をしっかりと安定させたまま、胸から体幹、足まで多くの部位を使いつつ、腕へとパワーを伝達させることになります。

 

上半身を捻りつつやや前傾になる動作、また腕を後方に引く場合ではそれと逆向きの動きが見られ、全身のバランスを保つようにするトレーニングが重要になってくるのです。

 

ダンベルを使ったトレーニングとしては、両足を肩幅程度に開いて立ち、両手にダンベルを握って上半身を捻って前傾になり、ダンベルを身体の斜め下に持つようにするようにします。

 

そこから上半身を捻るようにして起こしつつ、ダンベルを反対側の肩へ引き上げることで、動作をスピードアップさせていくことになります。

 

バランスボールを使ったトレーニングでは、背中をボールの上に乗せて、腕を胸の前でクロスさせ、手は肩に置き、上半身を片側に捻るようにします。

 

そこからボールを転がしつつ上半身を反対方向に捻る、という動作を続けることで、身体の軸を鍛えることにつながってきます。

 

ペアになってボールを使ったトレーニングもあります。膝を曲げて上半身を起こし、パートナーにボールをパスしたら、腹筋運動のように身体を動かしつつパスを続けることで、上半身を効果的に動かす動作と関連してきます。