体幹に負荷をかけるジャンプの筋トレ

体幹に負荷をかけるジャンプの筋トレ

バレーボールやバスケットボールなどのジャンプする動作については、両足を使って床を蹴る動作が大切になります。効率よく跳ぶためには、体幹に対しての前後の負荷に対して姿勢を一定に保つことが大切になってきます。

 

これについては、フォームローラーを使って、両膝とつま先を床につけたままで前後に動かしたり、膝を床につけたままで上半身を伸ばした状態で身体を伸ばし、ローラーを前方に転がしたままで静止し、前の姿勢に戻すなどのトレーニングでジャンプの状態に体幹を安定させることにつながってきます。

 

両手でダンベルを握り、両足で床を蹴って身体全体を伸ばしつつダンベルを前方から頭上へと振り上げ、素早く最初の姿勢に戻す、というトレーニングでは身体の前後に強い負荷をかけて鍛えることが可能です。

 

肩にバーベルをかついでまっすぐ立ち、太腿の前面が床と平行になるようにするまで屈むスクワットは両脚と体幹を鍛えることが可能です。

 

腰幅程度に両足を開き、膝と股関節を曲げて上半身を前傾させ、バーベルを肩幅程度の手幅で握り、バーベルを膝の下程度まで構え、腰から背中にかけて姿勢を一定にし、直立した姿勢までバーベルを持ち上げるようにするトレーニングではキック動作に効果的です。